OVER THE HILL

永遠の半ばを過ぎたお母さんと、小2男児の学習日記(弟付き)

最近の読み聞かせは、古事記。

5月のGW明けに近隣の保育園に電話をしたら、激戦区のはずなのに何故かあっという間に入園が決まり、とりあえず上司に報告したら即復職が決まり、あれよあれよという間に会社員生活が始まる…。私のウキウキ専業主婦ライフは突如強制終了。

前回のブログの更新が5月25日…今日は7月2日…。どうやらこの一か月間自宅のPCを開かなかったらしい。6月って存在したの?と思うぐらい忙しかった…。

しかし、小1の息子のZ会、ピアノ、えいごであそぼ、夜の読み聞かせは以前と変わらず継続中。下の子も絵本に興味を持ちだし、寝る前にせがむようになったので、ノンタンシリーズなどを読み聞かせ。その代わり私の家での自由時間はゼロ。でも通勤中やお昼休みに本も読めるし音楽も聞けるから、実は自分だけの自由時間は以前より増えたのかもしれない。

 

先週~今週は、絵本の古事記を読み聞かせ。
小1の息子が何を思ったのか、「日本はいつどうやってできたの~?」と聞いてきたので、良い機会かと思い、古事記を投入してみました。


日本の神話

〈第1巻〉くにのはじまり
〈第2巻〉あまのいわと
〈第3巻〉やまたのおろち 
〈第4巻〉いなばのしろうさぎ 
〈第5巻〉すさのおとおおくにぬし
〈第6巻〉うみさち やまさち

妖怪ウォッチに「オロチ」が出てくるので、第3巻のやまたのおろちを最初に投入したら、案の定、食い付きがやたらよろしい。その勢いで6巻まで読破。とりあえず、イザナギイザナミが結婚して日本の島が生まれて、神様もいっぱい生まれた…ということで、質問の答えにはなった様子。

日本には神様がたくさんいるんだねと、今はそれだけでも覚えてくれたら、将来、世界の宗教について知る・考えるきっかけになってくれるかもしれない。

私が個人的に、学生の頃にもっと深く知識として得ておけばよかった…と思うことの一つは、”宗教”。宗教を理解すれば世の中の見え方も変わるし、人間の見え方も変わると思うのですよ。

 

日本の神話(全6巻セット)

日本の神話(全6巻セット)