OVER THE HILL

永遠の半ばを過ぎたお母さんと、小2男児の学習日記(弟付き)

初見力をつける。楽譜は自分で読めるように。

幼稚園などでも使用するピアニカ。ピアノと同じ鍵盤楽器ですが、ピアノを習っていなくても楽譜が全く読めない子でも、何度か練習すれば誰でも弾けるようになります。リズムに乗って、抑える指の場所と順番を身体に覚えさせていけば奏でられるものです。あと「ネコふんじゃった」も、あのリズミカルなテンポと黒鍵を多用するせいかピアノを習っていない子でもすぐに覚えられたりします。

だからピアノを習っていても、簡単な曲のうちはそういう「カンや感覚で弾いている状態」に陥りやすいと思っています。楽譜が読めなくてもなんとなく弾けて先生から合格がもらえる。弾けると嬉しいしモチベーションの維持には良いのですが、でもその状態を続けていると難しい曲になったときに譜読みができなくて、その先へ進めなくなります。

息子が新しい課題曲を弾く時は、最初にCDは聞かせず、そして楽譜をピアノの上ではなく机の上に置き、譜読みをする練習をしています。親としては簡単な曲を目の前にとてももどかしい思いをします。なかなか答えが出てこないので、♪ソ~ラソファミファソ♪(ロンドンばしおちる♪)でしょ、と答えを言いたくてウズウズするのですが、そこは我慢しないと後で苦労するのは息子。

何でこんなことを書いたのかというと、今日はもどかしすぎて答えを教えてしまってとても反省しているのです。親が焦ってどうする…ゆっくりのんびり行きましょう。