OVER THE HILL

永遠の半ばを過ぎたお母さんと、小2男児の学習日記(弟付き)

算数学習

我が家の「きらめき算数脳」の使い方

かの有名な「きらめき算数脳」、小1・小2用を小2の始めぐらいに買いました。そのときは… ぜーんぜんできませんでした☆:.。. o(≧▽≦)o .。.:☆ これは本人が最初から最後まで自力で解いてナンボの教材かも…ということで… 本人がその気になる日まで放置することに☆…

小2、数が数えられません!!

嫌な予感は当たるんです 仕事中、理由はわからないけど何かふと引っかかるような、言葉で説明しにくい、何というか、違和感のような嫌な感覚があると、決まってそれは後々大きな問題に発展します。そんな経験が何度かあり。 なので私はその直感的な“違和感”…

“地獄のくもん”始めました

小1の秋にくもんに行きたいと言っていた息子。 しかし小2に進級した頃、くもんに通うお友達数人が「くもん辞めたい!」「くもん超面倒!」「くもんって地獄だぜ!」と言うのを聞き、息子は「俺はくもんに行ってなくて良かったよ〜」とホッとしていました。 …

夏休みは貴重な自由勉強時間。メインは日本地図と算数。

私が仕事に戻ってから毎日があっという間に過ぎていき、気が付いたら小学校の夏休みはもう2週間が終わる。7月に小1長男のピアノの発表会は無事終わったけれど、それは既に遠い遠い昔の記憶…。 夏休みの宿題はカレンダーに書いて計画的に進めていますが…、自…

5ー2の引き算ができなくて夫が呆れる。

仕事再開により、私の家庭での時間もかなり限られて慌ただしい日々。小1の息子のZ会にはだいぶ助けられている気がします。通勤中にZ会の解説を確認し、帰宅後に息子の勉強の理解度を日々確認です。 5-2=3というとても簡単な引き算でも色々な場面があり……

Z会。小1の息子、一次関数に挑む?

小1の長男、Z会の国語と算数を毎日コツコツ進めています。 週末、珍しく家の中でパパを発見したので(!)、「横で勉強みてあげてよ。毎日頑張ってるんだよ、褒めてあげて~」と言って、Z会の保護者向けサポートブックを置いて私は席を外しました。 【問題】 10…

Z会の算数。数の概念が量と結びついたことを確認。

以前の記事、 Z会の算数。本日も仏になるための修業の場と化する。 のとき、とても簡単な足し算の問題でしたが、本人が自分の言葉で答えを言うまで、私はひたすら待ち続けました(途中で私のほうがギブアップしそうになったけれど)。その時は息子の中で”数…

小学生用のナンプレで見直しや検証のクセをつける

日本経済新聞の土曜版にはナンバープレイスが1問掲載されていて、土曜早朝の私のちょっとした楽しみになっています。 私が毎週のように必死に解いている姿をみているせいか、上の6才の息子も興味をもち「俺もやりたい!」と言われ続けてきました。横から「こ…

Z会の算数。本日も仏になるための修業の場と化する。

Z会の年長さんコース2月号。小学校入学準備用として、かんたんな算数の問題も付いています。 さて、今日も気長に息子のお勉強に付き合います。6才の長男、黙々と問題を解きます。「終わった~!今日はぜったい100点だ!」と、その自信はどこからくるのかわか…

Z会の簡単な算数の問題に30分。親の忍耐力が試される。

6才の息子。Z会の年長さんコースも残すところあと1か月分。2月号の「かんがえるちからワーク」という冊子には、もうすぐ小学校ということもあり、入学準備用として算数や国語の問題が付属しています。 【問題】 絵を見て、合う数字をしかくの中に書こう。【…

いつから九九を覚えよう?

きっとお友達の間で「九九」の話題で盛り上がっていたのだと思います。「皆が言っていたあれって何だろう?僕もやってみたい~」と子どもが言い出したので、九九を覚えさせるかどうするか悩んでいました。(当然知識の無い息子は「九九」の説明ができないの…

「数」の概念を理解すること(3)

「数」の概念を理解すること(2) からの続きです。 もうすぐ小学生の息子はピアノの習い事と、Z会の幼児コースのみ(幼児コースはとても簡単で体験学習がメイン)。先取り学習は極力しない方向で幼児期を過ごさせてきました。が、とりあえず算数と英語の2…

「数」の概念を理解すること(2)

前回の記事の続きです。「数」の概念を理解すること 一昨日、息子はまだ1.2.3の数を量ではなく記号として認識していることに気が付き、妖怪メダルを使って具体的なモノとして足し算の練習をさせてみました。 私の予想は当たっていたようで、それまでは公文の…

「数」の概念を理解すること

(A)「丸いりんごを8つに切ったよ、家族(4人)で分けたら1人何個食べられるかな?」といったようなやりとりをすることは日頃から心がけてきました。具体的なモノを使って数えたり、分けたり、足りない数を把握する能力はついているようです。 (B)それとは別…