OVER THE HILL

永遠の半ばを過ぎたお母さんと、小2男児の学習日記(弟付き)

教育方針

再生可能エネルギーで中学受験を制す

小2長男の塾選びのため、あちこちから資料を取り寄せて吟味中なのですが、同封されていた社会科の教材に「風力発電」の説明がありました。 息子「これで風を作るの?(*´∇`*)」 母 「逆よ。風で風車を回して電気を作るんだよ。風って自然に吹いてるでしょう…

中学受験へ向けてのダンドリ

2022年2月の受験に向けての段取り。 ① 通学圏内の私学男子校のリストアップ (完了) ↓ ② お母さんだけで学校見学 (一通り完了) ↓ ③ お母さんが過去問を解き傾向と対策を確認する (かなりざっくりだけど進行中) ↓ ④ 2022年2月の本命・併願スケジュールを考える…

中学受験を決めた理由(ママ用メモ)

先日、小2長男の中学受験に挑戦することを決心しました。ここ1年ほど悩みながら、あれこれ見聞きし、考え、ようやく腹を据えた…という感じです。 受験勉強中に迷走して目的を忘れかけたときの為に、初心に戻れるよう、なぜ中学受験をしようとしたのか、母の…

やるべきことの可視化。宿題ボックスを設置。

小1の長男。平日の夕方は学童から一人で帰宅し、小一時間ばかりお留守番をしています。どうやら息子にとってはパラダイスなようで、私に隠れて好きなオモチャやTV番組を満喫している様子。 我が家の約束事。TVは何でも視聴OK、但し18時~19時の間で(録画の視…

私立中(男子校)の説明会巡り

自分達が公立で不自由なく過ごしてきたので、我が子も公立中で十分と考えているのですが(特に夫)、如何せん中学受験率が7割と言われる公立小学校に通っているので、子どもが周囲に釣られて受験を希望する可能性も高く、私立中という得体の知れないモノに対し…

思考力を奪うとっても簡単な方法

入社5年目の長身男前君と一緒にやっている仕事があるのだけれど、仕事も出来る上にとても優しい子で、他の突発的な仕事に追われていた私に気を使ってくれたのか、私の分まで仕事をしてくれていたものだから…私もついつい甘えっぱなしになっていて… 男前君が…

5ー2の引き算ができなくて夫が呆れる。

仕事再開により、私の家庭での時間もかなり限られて慌ただしい日々。小1の息子のZ会にはだいぶ助けられている気がします。通勤中にZ会の解説を確認し、帰宅後に息子の勉強の理解度を日々確認です。 5-2=3というとても簡単な引き算でも色々な場面があり……

お金を出しても外部に委託できない「聞いてあげる」教育

そろそろ仕事に戻ろうと決めたので、保育園を探しつつ、日々の家事ややるべきことの優先順位を考え中です。 夕食時の小1の長男との会話中、私の悪い癖で、彼の話を遮る形で話をし始めたら… 「…ママ、僕の話を最後まで聞いてくれる?」 と言われてしまい、(は…

Z会の価値は解説書に有り?

小1の息子の希望により今年度も継続となったZ会。国語と算数をそれぞれ1ページずつ、コツコツ毎日続けています。低学年のうちは本屋さんで買えるZ会の問題集や普通のドリルで十分…と思っていましたが、最近はZ会を継続していて良かったかも、と思うようにな…

ハーブは肥料を与えすぎると香りが消えてしまいます

お風呂から上がって、少しのんびりして、小1の長男に本を読んであげていたのだけれど、些細なことで口論に。長くなるので端折るけれど、最後は私が逆切れしたような形で 「もういいです。今日は疲れたからもう君たちのお世話しない。勝手に寝てください。」 …

勉強の意義を教えるために、「学問のすゝめ」

GWは久々に私の親戚が一堂に集まるのだけれど、ひとつ困ったことが。私の親族は集まるたびに子ども達にお小遣いを渡すことが習慣で、その流れで6才の息子も大叔母大叔父から1万円札を何枚も渡されるのです。息子は最近「いくらあればあのオモチャが買える」…

子どもは本来、2Dより3Dが得意なものなのかも。

小1の息子は字を書いたり絵を描いたりすることは好きだけれど、その出来は同学年の子の平均点を下回りそうなレベル。なので家庭で少しフォローしていこうと思い、ひとまず下手っぴである根本的な原因をあれこれ考えていました。 そこで気が付いたことが一つ…

小学1年生の教科書を確認。息子の強化すべき教科。

小学校の入学式を無事終え、母親の私はさんすうセットの細かい名前書きに追われながら、その休憩の合間に配布された教科書をパラパラめくって眺めています。さて…今後の家庭学習をどうしようかと自分の中で作戦会議。 【算数】… Z会の教材や今までに読んだ”…

何事にもコツがある。人生にもコツがある。(サウンドツリー3A)

6才の長男。カワイ音楽教室でピアノを習い始めて丁度一年。サウンドツリー3Aの「フランス民謡」を新たに練習中。それと「アンダンテ」がスムーズに弾けなくてもう一度やり直し中。 「アンダンテ」は既に2週間以上毎日練習しているのですが、スムーズに弾け…

小さいころから”質問する力”を育てる

私の6才の長男は今週から小学校1年生。ナゼナゼどうして?の質問がとても多い子で、私はそのひとつひとつに極力丁寧に答えるようにしている。忙しいときにしつこく同じことを何度も聞かれるとイラっとしてしまうときも正直ある。でもそこはぐっと我慢して説…

16歳のピアニスト、牛田智大くんのリサイタルへ

息子のピアノへのモチベーション維持と向上にのために…というのは建前で、私が牛田智大君のピアノを生で聞きたくてリサイタルにでかけました。まだ16歳という若さに加え、私のようなおば様方の母性本能をくすぐる可愛らしいルックス。 う・し・だ・く・ん ♪ …

結局私が根負けしてZ会を続けることとなる。

Z会を続けたいと、息子に言われてしまった の記事のその後ですが…”早起きして朝の時間帯にドリルをするから小学生になってもZ会を続けさせて”といった息子の申し出に、じゃぁ試しに明日から早起きしてごらんなさい…となったのが2月の始め。 我が家は家族全員…

灘校、伝説の国語教師から学ぶスローリーディング

既にかなり有名な方だとは思うけれど、灘校で橋本武先生という伝説の教師と呼ばれる方がいて、その一風変わった授業内容は中学3年間で1冊の小説(中勘助の「銀の匙」)を精読するだけでなく、あえて横道にそれながら生徒の興味を内側から引き出すだす、スロ…

受験生にも社会人にも必要な”割り切る力”

15年以上も前の話だけれど、原宿のラフォーレで多摩美術大学の卒業作品展があり、通りがかりに覗いたことがある。 学生時代から売れっ子になり、今でも現役の某有名女性写真家の作品も出品されていて、その時の彼女のコメントは「良い写真を撮れる人は多いけ…

Z会幼児コース(年長)を終えての感想

Z会の幼児コース(年長)は3月号を残すのみ。”体験”をメインにした方針の通信教育だったことが我が家の教育方針に合っていると感じ、昨年4月から受講を開始しました。Z会のWebサイトでは「実体験+ワーク学習。この両輪で「あと伸び力」を身につける。」と謳っ…

小さな目標を掲げ、実行することを子どもたちに背中で語る

先日受けた人間ドック。肺活量の測定でとてつもなく酷い数値を叩きだし、運動をしようと決意。1歳児を抱えながら家で今すぐできる簡単なものは…ということで、「筋トレ」が思い浮かぶ。(ただし、筋トレで肺活量が上がるわけではない)でも、そう決めてから…

「灘→東大理III」3兄弟シリーズ第三弾から学べること

お馴染みの「灘→東大理III」3兄弟の母シリーズ第三弾、”「灘→東大理III」三兄弟の母が教える中学受験勉強法”を書店で見つけて朝から立ち読み。書いてある内容はこれまでのものと大体同じなので、さくさく読めます。(ちなみに我が家は中学受験はしない) こ…

子どもの”成功経験”には大事な条件があるというお話

先日、外出先で出会った名前も知らないママさんと教育についての議論が白熱。彼女は某大手企業で教育や就職支援関係のお仕事をしていたのですが、そのときの面白い話を聞かせてくれました。 景気が良くて求人倍率が高い時期でも、最後までどうやっても就職で…

Z会を続けたいと、息子に言われてしまった

Z会の幼児コースを1年ほど受講しています。内容的にはとても満足していますが、小学校に上がってからは受講を一時取りやめ、学校の授業の復習をメインとしながら市販のドリルと合わせて家庭学習を進めていこうと親は勝手に思っていました。 が、息子が「小学…

小学生になったらZ会を辞める

2015年もあとわずか。 6才の息子は、あと3か月で小学校一年生。注文したランドセルが届くのを心待ちにしている様子。 秋の終わりごろに子どもの教育方針を夫婦で初めて本気で話し合った。そこで出てきた話題が「Z会の通信教育を継続するかどうか」。 年長に…